かずら元年

日常と非日常の境い目には、いつも夕焼けがある。

その空を見つめていると、私は少年に回帰してしまうのだ。

昼と夜が重なる辺りに、遠い故郷が見えた気がする。


 

Twitterボタン